« 2006年7月 | トップページ | 2006年10月 »

新潟旅行

8月5,6,7日の2泊3日で、新潟に旅行に行ってきた。

めずらしくジィが一緒に行くというので、気が変わらないうちに宿を予約していざ新潟へ。どうして新潟かというと、ジィご希望の「競馬場」があるからである。昔から、競馬場でもめぐりながら温泉でのんびりしたいねぇとブツブツつぶやいていたが、口ばっかりで行く気はなかった。今回はめずらしく乗り気だった。競馬と温泉。両方を満たすため、新潟競馬場まで車で30分程度の月岡温泉に泊まった。

8月5日
午前8時に出発。12時過ぎに新潟に着いた。ダラダラした家族なので、チェックインの15時まで何をしようか考えていなかった。とりあえず競馬場に行こうかとジィに言うと、もうやる気マンマンだった。

入場料は大人100円。天気もいいし、馬も美しい。ジィはもう新聞を広げてチェックしているので、マークシートでの馬券の買い方を教え、レースを見学。もう私らは満足だ。子供が遊べる広場があるので、あとはジィの気が済むまで遊んで待つことにした。水遊びもできる。ミニ新幹線にも乗れる。でっかいトランポリンみたいなのもある。ありがたいのはみんなタダだということだ。長男もパンツ一丁で水遊び、ミニ新幹線に何度ものり、トランポリンでくるくる転がっていた。楽しそうだ。次男はただひたすらベビーカー。帰りは長男はパンツなしのズボンのみ。もうすぐ宿だというところで寝てしまった。

17時30分頃、月岡温泉の宿に着く。まぁまぁかな。部屋に入って一息。ご馳走を食べ、「美人の湯」で有名な温泉に入る。長男は結局そのまま寝てしまった。

8月6日
5時過ぎにゾロゾロ起き始める。長男はパパと温泉へ。朝7時からのバイキングが「遅いよね。6時からやってくれよ」なんて感じになる。なんて早起きなんだ。朝食を食べて早々に、また競馬場へ向かう。

ジィだけを降ろし、いざ海水浴場へ。といってもどの辺だろうねって感じで海へ向かった。適当なところで止める。海の家の駐車場に止め、長男とパパで海、私と次男は海の家の座敷で留守番だ。初めての海に、長男は楽しめるか不安だったが、なんのその、海に、砂浜にと思い切り楽しんだ。私も入りたかったが、次男はまだ無理だしなぁ。まぁ、楽しんでくれたんだからよかった。

14時過ぎに海を出て、ジィを迎えに行く車の中で長男は昼寝。この時間に寝れば、今日は夕食までには起きるだろう。
ジィも損もなく得もなく、2日間楽しめたらしい。さぁ今晩もごちそうだ。

8月7日
さすがに疲れが出てきたのか、みんな6時くらいまで寝ていた。長男とパパ、ジィとで朝風呂へ行った。ふと、帰りの準備をしていると、あれ?財布がない。・・・・どこ?何?なんで?旅行代金なんやかんやと20万近く入っている!! 

無い無い無いーーーー!!!

最後に使ったのはどこか考える。ジィが競馬場から帰ってくるのを待つ間、自販機でお茶を買った。確かそれが最後だ。とすると車の中!? 宿に車を預けているので、フロントに言ってで車のある場所まで連れて行ってもらわなくてはならない。こんなことパパに知れたらどんなに恐ろしい顔で睨まれるかわからない。ばれないように行かなくては!

男どもが風呂から戻ってきて早々に、「私も行って来る」といってバスタオルを持ち部屋を出る。まだ警備員しかいないフロントに「車に行きたい!」と送ってもらう。願うようにドアを開けた。

・・・・ない!? あった!!!!

宿の人が泥棒じゃなくてよかった。はぁー、気が抜けた。ざっと最後に温泉につかり、何事もなかったように戻る。余計な事は言わない、言わない。

8時30分過ぎにチェックアウトし、マリンピアという水族館に向かった。イルカショーを満喫し、ふるさと村という道の駅でお土産を買い、さぁ帰るぞ!

2泊3日、思ったよりもずっと楽しかった。美人の湯できれいになれたかどうかは言うまい。でもまた行きたい。

こんどは札幌競馬場に行こうとジィをそそのかそうっと。

| | コメント (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年10月 »