大きいお腹になりました

地獄のつわりから復活し、もうすぐ臨月を迎えます。

たくさんの方々からコメントいただき、本当にありがとうございました。現在は体重管理との戦いになるほど食欲旺盛です。

久しぶりのブログ更新です。どうしても書いておきたい出来事がありました。

つい先日、ジィちゃんが入院しました。体がボロボロなのは百も承知しているのですが、過去の脳梗塞などが原因で、けいれんの発作というか、てんかん発作というか、そういうやつです。

その場にいたのは小学校にあがったばかりの長男一人。

東京でも真夏日を記録したつい先日。小学校では授業参観・懇談会がありました。

長男を学校に待たせておくこともできましたが、ジイちゃんが床屋に連れて行くことにしていたので、そのまま下校させました。15時過ぎの一番暑いころです。

懇談会が終わったのが16時少し前でしょうか。買い物しながら帰ろうかなぁと思いつつも、まっすぐ自宅に向けて車を走らせました。徒歩15分くらいの距離ですが、ちょうど半分くらいの距離まできたとき、前から長男に似た男の子が学校に向かって走ってきます。

あれ?似てるけど・・・・??? やっぱり長男だ!!

激暑い中で、帽子もかぶらずに真っ赤な顔をして走ってました。

「どうしたの!?」ただびっくりする私に

「ジイちゃんと行けなくなった」という長男。

とりあえず車に乗せて、ケンカでもしたのかと思ったら、「車に乗ったらエンジンがかからなくて、何度も何度もやってるうちにジイちゃんが苦しみだした・・・ うわぁ~~ん!!」と泣き出したのです。

自宅に着くと、車の運転席でジイちゃんが意識を失っていました。

急いでドアを開けると車内はものすごい熱気です。熱中症になったのか!?と思いつつ、まずは救急車を呼びました。

長男はなかなか私の車から降りようとしませんでした。ジイちゃんが死んじゃった・・・そんなふうに感じて怖かったのだと思います。それでも、車内のジイちゃんを抱えることもできなかったので、とにかく車のドア開けて熱気を出してエンジンかけてエアコン入れて・・・。

長男に、家の中からアイスノンを持ってくるよう言ったり、タオルを冷やしてきてもらい、首やワキを冷やして・・・・。

救急車が来ても、実際倒れた様子がわかるのは長男だけです。説明だってそんなにうまくはできないけれど、でも一生懸命説明してくれました。同じことを何度も聞かれても、頑張って答えていました。

もちろんご近所の方々も続々と出てきて、長男をお隣にあずけ、私だけ救急車に乗って救急病院へ行きました。ジィちゃんも手足のマヒもなく、熱中症にもなっていなかったようで、少し安心していました。

とりあえず入院の手続きをして当日は帰宅。帰るときにはジィちゃんから「ありがとな」という言葉も出るなど、明日は普通に戻ってそうだなと思える、そんな感じでした。

帰宅後、心配かけたご近所に大丈夫そうだと連絡し、お風呂あがりに長男に聞いてみると、どれだけ不安と恐怖の中で頑張って行動したかがわかったのです。

まずは学校から帰宅して、すぐ床屋に行こうとジィちゃんと車に乗りました。するとなかなかエンジンがかからない。車内はムンムンの暑さのまま、ジィちゃんが何度もチャレンジしている中、苦しみ出した。けいれんを起こして体が突っ張ったのでしょう。ハンドルのクラクションを何度もならしながら、ヨダレをたらして意識を失ったということです。

ジィちゃん!ジィちゃんと呼んでも反応はなく、車から降りて家に戻り電話をしようと携帯を探したけれどわからなくて、また外にでて、玄関前で右往左往してグルグル回ってどうしようどうしよう・・・いっぱいいっぱい考えて、小学校にいる私を呼びに行こうと走り出したということです。その途中で私と会ったわけです。

どれだけの恐怖や不安と戦いながら行動をとっていた長男のことを考えると、本当に涙が出そうになりました。

ほんとにがんばったね。おかげでジイちゃん助かったよ・・・って何度も褒めてあげましたが、何度言ってもたりないくらい、ほんとに頑張ったと思います。

少しでもタイミングがずれていたら、大変なことになっていたわけです。

もし車が走り出してから発作がおきていたら・・・。想像したくもないですね・・。

私が買い物に行ってしまっていたら・・・・。発作自体は、もしかしたら時間がたてば本人の意識は自然に戻ったかもしれません。しかしこの日は真夏日で、車中にいる時間が長ければ熱中症で命を失ったかもしれません。ジィちゃんは20分程度の間だったと思いますが、かなり熱くなっていましたから・・。そして、長男も熱中症になっていたかもしれないです。帽子もかぶらず走って学校まで行って、私がいなくて・・・。

まっすぐ帰ってよかった・・・ほんとにそう思いました。

もちろん、本来ならジィちゃんが倒れてすぐお隣のおじちゃんやおばちゃんに助けを求めるのがベストな行動だと思います。長男としては、ママが学校にいる、というのが一番最初に頭に浮かんだのでしょう。

今回は小学校という比較的近くに私がいたからよかったです。そうでない場合や、ベストな策として、近所のおうちに助けを求めるんだよ。と伝えたいのですが、今回の長男の行動を否定してしまうように聞こえたらやだなと思って、うまく言えません。

親バカですが、長男くん、ほんとによく頑張りました。

直前の授業参観では、授業態度にムカムカイライラしてどうしてくれようと思っていたくらいでしたが、こういう本来の性格というか、人間性というか、いい子に育ってくれたな・・・なーんて思える事件でございました。

ちなみにジィちゃんは翌日には元通りに意識もしっかりしていました。エンジンがかからなかったのではなく、かけかたがわからなくなったということでした。その時点で脳がおかしくなっているわけです。長男がどれだけの恐怖と戦いながら行動したかを告げて、反省してもらいましたよ、はい。

原因は、すべて「酒」ですから・・・。

きっと今週中には退院します。その後の生活は・・・

長男に誓って、きちんとしてもらいたいものです。

| | コメント (1)

秩父夜祭

本日12月3日は秩父夜祭です。

近隣の小中学校は休みになり、真昼間から歩行者天国に出店がたくさん出店しますhappy01 市内からは少し離れた我が家。長男の幼稚園は来てもこなくてもいいよって感じで、我が家はお休みにしました。パパちゃんにも会社を休んでもらい、夜祭ですが昼間に出動しましたsign03

本来、祭りが動き出すのは午後6時過ぎです。しかし小さい子を連れて歩くには暗いし寒いし混んでるし・・・sweat01 お昼前後を目処に秩父駅に向かいました。

パパちゃんには仕事を休んでもらったわけですが、実際秩父にある企業ならば、祭りで休む=常識!?ってなくらい理解があると思います。少し離れてしまうと、小学校なども休みではないし、企業もまったく関係ないねってな感じですよね。パパちゃんも2日前まで休めるかわかりませんでしたが、どうにかお休みをもらえましたcoldsweats01

長男と次男に千円を持たせ、これで買うんだよ!と言って見たものの、実際出店を回っていると、あれもこれも500円くらい当たり前! 少し小腹を満たしただけで千円札は淋しく去っていきました・・・。今時の子供は千円ではお祭りは楽しめないのか・・・。とぼやきながら、結局足りない部分は補填して、どうにか楽しく過ごすことができました。

なにもかも高いですねぇ~sad

3歳の次男がどうしてもやりたがったのが「スーパーボールすくい」。ポケモンの絵がある大きいのが欲しいと探しながら、こんなものに500円かい!?って気持ちがぬぐえないままでしたが本人は「GETだぜ!」なんて喜んでました。長男はひたすらチョコバナナcoldsweats01

しかし、去年から成長した点もあります。去年はやたらバカ高い風船を欲しがって買ったにもかかわらず、すぐに目もくれず結局2つの風船は私のおしりのポケットからユラユラゆれていました。2つで3千円近くもしたのに!!!! 今年は風船は欲しがらず、お祭りのにぎやかな雰囲気を楽しんでいたようでしたhappy01

平日ど真ん中にしては、昼間の人口もそこそこだった気がします。もう少し子供たちが大きくなったら、夜の街できれいな山車を見せてあげたいなぁ。めっちゃ混みますけどね・・・。

高校生まで実際に山車に乗って太鼓を叩いていたというパパちゃん。またお祭りに参加したいかい?と聞いてみたところ、参加したいけど、実際はムリだね。とのことでした。やはりお祭りはその町の中にいる人間でないと、会合やなんやかんやで、難しいものなんですね。

私が最後に夜のお祭りに行ったのは高校3年生のとき。あれから十数年が経過しました・・・。当時の彼氏が引く山車を人混みの中探し、少し会えただけでとてもうれしかった青春時代smile ピュアだった自分を懐かしく思い出しましたconfidentshine

| | コメント (11)

ヒマな日・・・

fullmoonはぁdash 暇です。

そんな日は・・・久しぶりにやるか!と思い立って作成しました。hairsalonCimg3162

子供のズボン3本、ママズボン2本、計5本。実は午前中に友人に子供1、大人1をプレゼントしたので、実質7本、一気縫いですhappy02

いたってシンプルなものです。ポケットもつけないし、すそはとりあえず切りっぱなし。

どうもうちの息子はおケツheart01が大きいのか、市販のズボンだと自分で着るにはきつそうなんです。汗かいてたら特にやりづらいのですが、男の子用って、ニットのズボンがあまりありません。私自身、暑い日にGパンなど履いてられるかannoysign03ってタチなので、綿ニット最高!ということで久しぶりに作りました。

ミシンにはまったのはおととしの冬snow 子供のリュックを作ろうと思ったのをきっかけに、はまるはまるsweat01 あれやこれやと買い捲り、なんでもつくれるわよ!!という環境ができあがりましたcoldsweats01Cimg3167  私のかわいいミシンたちをご紹介します。

一番右が普通のミシン、ジャノメのJP-500です。主にボタンホールやポケットつけ、小物づくりに活躍します。

真ん中がロックミシン、ジューキのベビーロック・糸取物語です。 ニットにはかかせないミシンですね。2本針4本糸です。基本的に布の縫い合わせはこれで行います。あらら、糸が2本ありませんね。白を使いまわしているので、カバーステッチに移動しています^^;

左側のミシン、ジャノメのトルネイオです。カバーステッチミシンというものです。袖やすそ、胴回りを縫うときに使うと、とてもきれいに市販品のようにできあがります。riceballAaaa

カバーステッチは、本当はもっと布の端を上手に縫うのですが、そこはおおざっぱな私smile。だいたいでエイヤーっと縫ってしまいます。

さてさて、新しい家でミシンのスペースは・・・ないのですcrying 作れませんでした・・・。今は3台のミシンを置く場所を変えながらせまい机の上で作成していますが、本当は3台並べて置きたいんです。そういう場所をつくって、カウンターをつけてもらって、私の作業スペースheart04に・・・と思ったのですが、なかなかいい場所がみつからず・・・そのままスタートしました。

そして今、できそうな場所が1ヶ所あります。Bbbb

2階のホールです。はっきりいって夏は暑くて冬は寒い場所ですcoldsweats01 でもここにカウンターをつけてもらっておこうか悩んでいます。窓にはシャッターがついています。カウンターをつけると開閉しづらいだろうなぁとも思って・・・。スペースはあるのだから、机をここに置いてやれば済むのかもしれません・・・。結局エアコンが効いた部屋でやるような気も・・・

でもでも、カウンターって脚がないからとてもスッキリしていますよね。うーん・・・

さて、ここのカウンター、つけたほうがいいか、いらないか!!!

| | コメント (7)

超~ひさびさの更新

すごい! 2年ぶりになってしまった。

なんだか最近日記を書きたくなって、久しぶりに自分のブログを覗いた。

2年前に書いた文章を読み返し、懐かしさにふける。

また少しはじめようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もも狩り

今日は姉の家族と一緒に山梨へもも狩りに出かけた。

なんでこんなに雨が降るんだ?っていうくらい降っていた。うちも姉も、まだろくに歩けない子供をかかえての移動はけっこう大変だ。せっかくパパも一緒に行くのに、天気くらい良くってもバチはあたらないんじゃないか?

山を越えはるばる行くぜ山梨~、雨の中、初めての体験、もも狩り。

まず葡萄のタナに青ビニールシートで雨除けをしてあった。そこで、試食用のももを食べるのだが、カリカリ言う。かたい実だ。「私は固いのしか食べたことないんだよねぇ。出荷するにはこれくらい硬くないとすぐ傷むから」と農園の人がいう。んなこと言ったって、今食べるんだからジューシーな桃をくれよお!と思う。不思議そうな顔をしてやわらかい桃を渡してくれた。私はおかしいのか? んなわけあるか!!

長男が一口食べてもういらないと言った。繊維がイヤみたいで、とてもつまらなそう。まださくらんぼ狩りのほうが楽しかったみたいだ。自分でとって食べられないのだから、なおさらつまらないだろう。試食は何個でもしていいといっていた。んで、持ち帰りは一人5個。で、1,500円だ。うーん、微妙な金額。もも狩りってこんなもんかと思った。晴れていればもっと楽しかったんだろうけど。

その後、山梨なら「ほうとう」だろうということで、姉のダンナが調べておいたというお店でお昼を食べることにした。・・・休みだった。

ならば知っている店でおいしいところがあるというので行ってみた。満席だった。

走行中、ほうとうと書いてある店を見つけるものの、ちょっとあやしいねぇと言って通り過ぎる。

そうだ、山梨名物、信玄餅のアウトレットがあるから行ってみようと行ったら売れ切れだった。

結局バーミアンで昼食をとり、でっかいコロッケを売っているお店があるというので行ってみた。休みだった。

帰り道、あやしいと思って通り過ぎた店に行列ができていた。うっそぉ!?

気をとりなおしてソフトクリームでも食べよう。雨も小降りになってきた。どの店にする?というので、おまかせして到着すると、土砂降りだった。

・・・姉のダンナは落ち込んでいた。そりゃそうだ。でも大丈夫、気にしてないよ。こんな運のない日は、宝くじでも買おうじゃないか。とロト6を買ってみた。当たってくれー!!

でもまぁ、次に行くときは月曜日はやめよう。

| | コメント (1)

結婚ラッシュ

やばい。だんだんと庭をいじる気力が無くなってきた。

このまま終わってしまっては、なんともかっこわるいデコボコの庭だ。・・・今日は朝から暑かった。まぁしょうがない。そういうことにしておこう。

今日は、2年ぶりくらいに高校時代の友達がきた。その中に、年内結婚するかもという友達がいた。

考えてみれば、私のまわりで結婚ラッシュというのはなかった。大抵24歳あたりと、27歳あたり、遅めだと30歳目前の駆け込み29歳結婚なんてのもあるらしいが、そんな経験しないまま、もう何年も過ぎてしまった。

私が結婚したときも、前後何年も誰も結婚していない。私自身早いほうではなかったのに。

何が原因なんだろうか。結婚していない友達を思い浮かべて考えてみる。とりあえずつきあおうとか、好意をよせてくれる相手とつきあおうとか、そういう始まり方ができないのかもしれない。ぶっちゃけ「ダメだったら離婚しちゃえばいいじゃない。」なーんてアドバイスしたこともあるが、その友達は結婚した相手とずーっと仲良く死ぬまで過ごしていきたいと思うと言っていた。「結婚」ということにかなりの理想があるのだ。

私も昔はそうだった。浮気なんて許さない。風俗なんか行っちゃダメ!

・・・当時つきあっていた彼に夢中だった。彼が中心の世界で生きていた。そうしてこっぱみじんに振られたとき、男女の仲なんてこんな簡単なものなのかと思った。誰よりも近くにいたと思っていた人が、他人より遠くへ行ってしまった。そんな感じ。

もう恋愛なんてできない。でも、一生一人で生きていく勇気もない。どうしよう、どうしよう、ずっと一人だったらどうしようと、真っ暗闇の世界で、もがきながら過ごした。先が見えてこない恐怖に毎日泣いていた。

それから、今のパパとつきあうようになっても、相手に固執することがなくなった。昔のような恋愛感情が沸かなくなってしまった。自分が「幸せ」だと思う中身が変わったともいうのかな。

今はとっても幸せ。素直にそう思う。パパがいて子供がいて、毎日のんびり過ぎていく。こんなに幸せなことはないとつくづく思える毎日。燃えるような恋愛なんていらない。刺激がほしいなんて思わない。

平凡な毎日。ずっと続きますように・・・。

| | コメント (0)

遺言書って・・・

今日は庭の改造はお休みした。

長男を幼稚園に送り出し、久々にジィと長話をした。その中で、遺言書を書いておかないの?と質問してみた。我が家の財産?をかき集めても相続税がかかる金額にはほど遠いが、なにせこの家に住んでいる私としては、土地と家は無条件に私が継ぐものだと思っている。姉とたまに話すときも、それでいいとは言ってくれる。でも、世の中何が起こるかわからない。相続をスムーズに進めるためにも、遺言書があるにこしたことはないのかなーと思い出した。

話はするものの、ジィは実際事を起こそうとはしないので、私なりに調べてサンプルを作って見せた。こんな感じで書いておいてほしいと見せたが、「いんじゃない」と返された。うーん、やはり書く気はないか。

うちは三姉妹。仲は悪くない。私自身も相続でけんかするようなことが起こるとは思っていない。ジィも金なんて残さないといっている。というか、ないけど・・・(^o^;) 

私の考えは、土地と家は私が継ぎ、残る預貯金は三人で平等に分ける。姉も今のところそれでいいと言っている。

でも、本当の平等を考えると、不動産をもらうんだから、残りは2人で分けるのがいいのだろうか。でも、残る預貯金なんてたかがしれていて、そうなると、私がいっぱいもらいすぎることになるのか?よくわからない。考えれば考えるほど、私が強欲なだけか?なんて思ってくる。

2人は長男に嫁ぎ、それぞれの実家に入っている。私は婿をとり、今後の冠婚葬祭などは私が引き継いでいくのだろう。家を継いだものとして、ほかの兄弟よりもらっちゃっても・・・なんてーのは欲張りだろうか。

こんな田舎のちっぽけな家でもこんなに考えるのだから、資産家の人ん家なんて本当に大変なんだろうなぁ。うちには財産もないが、幸いなことに借金もない。ジィが年金生活の中で使う分には、どうぞご自由に。という感じだ。私たち家族はジィのほそーい細いスネにかじりついて居候させていただいている身分。それだけでもありがたいと思うべきか。

あぁ、ジィが酒さえ上手に飲める人なら、もっとやさしく接しられるのに。「ありがとう」や「大丈夫?」という言葉も、酔った顔に全てかき消される。

| | コメント (0)

脳梗塞と酒

うちのジィは酒で人生を失敗している人間だと思う。

ジィとは、私の実の父のことだ。

物心ついたころから浴びるように酒を飲み、タバコも1日2箱くらい吸っていた。

若いころはそれでも体力がついてきたのだろう。しかし段々年をとり、まず肺をやられた。それでタバコをやめた。

55歳を過ぎたころ、倒れた。医者の話では脳年齢は80歳だと言われた。

それでも酒を飲み続け、定年退職目前、会社で動けなくなった。

医者に死にますよ。と言われた。聞いてみれば、朝から晩、夜中・明け方まで、とにかく酒を飲んでいたと。一緒に暮らしている私でもびっくりした。

そうして、一大決心して酒を絶った。でも、もう孫と一緒にキャッチボールやかけっこができる体ではなくなっていた。昔はソフトボール三昧で休日なんていなかったのに。

まだ60そこそこだというのに、動きは80才のジィさんだ。情けない。

それでも1年半の間、酒を絶った。やればできると思っていたが、やはり酒は飲みたいらしく、そろそろ始めようと言い出した。ほどほどならばいいと思った。それが間違いだった。

飲み始めたら、コントロールなんてできる人間ではないのだ。そんなことができるなら、もともと倒れるような生活なんて送らない。また、飲み続ける日々が始まった。

ある日、足が変だと言い出した。自分の足じゃないみたいだと。

自分で病院にいき、すぐに検査入院した。外来でもいいと言われたが、家にいれば飲んでしまうので入院させてくれと頼んだ。いれるだけ病院にいやがれと思ったが、1週間で帰された。今おきた脳梗塞はないと言われ、あとは予防するしかないと。

それでも、反省して酒をやめるのだと思った。だから、少しでも協力しようと年寄りの料理を食卓に並べた。切干大根、ひじき、野菜の煮物・・・。料理がだいっ嫌いな私なりに、元気になってほしかったから頑張ろうと思った。

今日の夕方、帰ってきたジィの顔つきがおかしかった。「お酒飲んだ?」と聞いてみた。

飲んでないと答えたが、そんな顔ではないのでもう一度聞いた。

「それが何なんだ」と答えた。

私の中の、頑張りの糸がプチンと切れた。知るか。もう知るかっ

勝手に死ね。

| | コメント (0)